その他保険

収入保障保険を契約すべき人は?メリットデメリットと併せて検討したい保険とは?

収入保障保険は、毎月一定額の保険金を年金形式で受け取ることができる保険です。

自分に万が一の事態があったときに、残された大切な家族の生活を守るための、合理的な保険として注目を集めています。

この記事では、収入保障保険の特徴やメリット・デメリット、収入保障保険を検討すべき人とはどんな人なのかを解説します。自分に合った保険を選ぶうえでの参考にしてください。

1.収入保障保険の特徴

収入保障保険とは、いったいどのような保険なのでしょうか?

他の死亡保険と比較してどう違うのか、その特徴について解説します。

1-1.保険金を年金形式で受け取れる保険

収入保障保険は、被保険者が死亡または所定の高度障害状態になった場合に、毎月一定額の保険金を年金形式で受け取れる保険です。

30年間や65歳までといった、保障される期間をあらかじめ定める定期型の保険の1つです。

1-2.保険期間の経過とともに保険金額が下がる逓減型の保険

また、収入保障保険は保険期間の経過とともに保険金額が減少していく、逓減型の保険となっています。

早い段階で死亡した場合は保険金総額が大きくなり、保険期間が終了する間近に死亡した場合は保険金総額は少なくなります。

1-3.保険金の受け取り方法は選択可能

収入保障保険は年金形式だけでなく、保険金をまとめて一括で受け取ることも可能です。

また、一部を一括で受け取って、残りを年金で受け取るような方法も選択できます。

しかし、一括受け取りを選択した場合の保険金総額は、年金形式で受け取る場合の保険金総額よりも少なくなるのが一般的です。

1-4.年金には受け取りの最低保証期間がある

収入保障保険には、受け取る年金の最低保証期間を設定することができます。

保険期間が満期を迎える直前に亡くなった場合、満期までの期間が最低保証期間に満たないときは、最低保証期間の年金が支払われます。

保険会社によって最低保証期間は異なり、2年間や5年間などで設定します。

例えば、65歳満期・最低保証2年間で加入していた人が、64歳で亡くなった場合、64歳から2年間は死亡保険金が受取人である遺族に支払われます。

就業不能保険との違いは?

収入保障保険と混合しやすいのが「就業不能保険」です。

よく似た名前の2つの保険ですが、その内容は大きく異なります。

収入保障保険=死亡または高度障害状態になった場合に、遺族に保険金を遺すための保険です。

就業不能保険=病気やケガで働けない状態になった場合に、自身の収入の減少をカバーするための保険です。

収入保障保険は死亡や高度障害になった場合に家族の生活をカバーするもの。

就業不能保険は病気やケガによる自身の収入ダウンをカバーするもの。

2つの保険は、その目的によって大きく異なります。

2.収入保障保険のメリット・デメリット

自身の万が一の事態に備えて死亡保険を検討する場合、収入保障保険は1つの選択肢になることでしょう。

収入保障保険にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

2-1.収入保障保険の3つのメリット

収入保障保険のメリットは、以下の3つです。

メリット1.死亡保険を合理的に備えられる

収入保障保険は、必要なときに必要なだけの保険金額を、合理的に備えることが可能です。

例えば、子どもが小さい間は生活費や教育費などの大きな支出が必要ですが、子どもの成長に伴って必要な保障は減少していきます。ライフステージの変化に合わせて、適正な金額の死亡保障を準備することができます。

メリット2.保険料を安く抑えられる

収入保障保険は、他の保険種類と比べて安い保険料で大きな保障を確保することが可能です。

保険期間の経過とともに保険金の総額が減少するため、必要性がなくなった期間に過剰な保障を備える必要がなくなり、保険料も安く抑えることができます。

メリット3.保険金の無駄遣いを防ぐことができる

収入保障保険は、年金形式で受け取ることで保険金の無駄遣いを防ぐことができます。

一般的な死亡保険のように一度に受け取ってしまうと、別の用途に散財してしまう可能性が生じます。年金形式で受け取ることで無駄遣いを防ぎ、本来の目的のために活用することができます。

2-2.収入保障保険の3つのデメリット

収入保障保険のデメリットについては、以下の3つです。

デメリット1.解約返戻金がない

収入保障保険は、他の定期保険と同じく、解約返戻金のない掛け捨て型の保険です。保険期間が終了するまでに何もなければ、支払った保険料は戻りません。

デメリット2.保険期間の終了間近は保険金が少ない

収入保障保険は、保険期間の経過にともなって受け取れる保険金額が減少します。

よって、保険期間の終了間近では保険金が少なくなってしまいます。

葬儀代や相続対策など、ある程度まとまった死亡保険金を残したい場合には不向きといわざるを得ません。

デメリット3.税金が複雑になる

収入保障保険で死亡保険金を受け取る場合、年金形式で受け取ると以下のような税金がかかります。

  • 死亡時(初年度)には、年金受給権評価額が相続税の課税対象
  • 年金受取時(2年目以降)には、雑所得として所得税の課税対象

一括でまとめて受け取る場合よりも、税金の計算が複雑になるのはデメリットといえます。

3.収入保障保険が向いているのはどんな人?

収入保障保険は、一定期間における死亡や高度障害に対する保障を、合理的に備えることができる保険です。

メリットもあればデメリットもあるため、自分に合った保険なのかどうかは、十分に検討する必要があります。

以下、収入保障保険が向いている人をご紹介します。

3-1.小さい子どものいる子育て世代の人

子育て中の家庭で、子どもの年齢が小さい世代の人は、収入保障保険の重要度が高いといえます。

生活費に加え、教育費や住宅費に関する支出は決して軽くありません。

月々の支出は少しでも抑えたいところ、収入保障保険を活用すれば、安い保険料で大きな保障を合理的に確保することが可能です。

3-2.家事や育児を担っている主婦(主夫)の人

家庭において家事や育児を担っている主婦(主夫)の人にも、収入保障保険は有効です。

収入のない主婦(主夫)の人は、万が一の保障は不要と考えている人は少なくありません。

しかし、家事や育児はお金には変えられません。もし、家事や育児を担う人に万が一のことがあった場合は、外食や託児所など、外部にかかる支出が増加することになります。

そうした場面に備えるためにも、安い保険料で充実した死亡保障が備えられる収入保障保険が役立ちます。

3-3.個人事業主やフリーランスの人

個人事業主やフリーランスの人は、会社員や公務員と比較し、亡くなった場合の遺族年金が少ないです。そのため、民間の保険の必要性は高いといえます。

残された家族が不自由なく生活を送るためにも、大きな保障を安く備えられる収入保障保険は、公的年金を補う手段としても有効です。

4.収入保障保険と合わせて検討すべき保険とは?

保険は万が一の事態に備えるうえで大切なものですが、月々の保険料負担は少しでも安く抑えたいものです。

よって加入する保険は自分が必要性を感じる最低限の範囲とし、不必要な保険には入らないことも大切です。

万が一の死亡保険を合理的に安く備えられる収入保障保険とともに、合わせて検討しておきたい保険種類を、以下ご紹介します。

4-1.終身保険

葬儀代や相続対策資金など、長期的な死亡保障を確保したいなら、終身保険を活用しましょう。

死亡の時期は誰にもわかりません。終身保険は、収入保障保険などの定期保険と比較して割高ですが、一生涯の保障が準備可能です。いつ亡くなっても、一定額の死亡保険金が受け取れます。

一定期間の手厚い保障は収入保障保険で、一方で長期的な保障は終身保険で準備するなど、上手く組み合わせて自分に合った保障を備えることが重要です。

生命保険はいらない?必要性、選び方徹底解説

  目次1.生命保険について2.生命保険を検討する際は、まずは公的制度を確認しよう!2-1.遺族年金はいくらもらえる?2-2.会社の退職金や弔慰金も要確認3.生命保険に加入するメリット・デメ ...

続きを見る

4-2.医療保険

日常生活において病気やケガに見舞われた際に、その療養費用をカバーするための保険が医療保険です。

医療保険によって、病気やケガによる入院や手術、通院費用を補填することができます。

病気やケガの療養費は、公的保障である健康保険給付や高額療養費制度によって、手厚い保障を受けることができます。しかし、療養期間中やその後の収入減少まではカバーできません。病気やケガにおける、予期せぬ支出や収入減少をカバーするうえで、医療保険は有効な手段です。

医療保険はいらない?選び方や必要性について徹底解説

目次1.医療保険とは?2.医療保険はどう選ぶ?選び方の3つのポイント2-1.保険期間2-2.保障内容2-3.保障額3.医療保険に加入するメリット・デメリット3-1.医療保険に加入するメリット3-2.医 ...

続きを見る

4-3.がん保険

数多くの病気の中でも罹患率が高く、療養期間が長期化しその後の生活にも影響を及ぼしやすいのが、がんという病気です。

療養費の負担や、長期療養に伴う収入減少をカバーするうえでも、がん保険の備えは必要です。

最近ではがんと診断された段階で、まとまった一時金が受け取れるタイプの保険が主流となりつつあります。用途の制限はなく、保険金は療養費はもちろん、日常の生活費として使うこともできます。

4-4.個人年金保険

将来の老後生活のリスクに備え、公的年金を補う手段として検討したいのが個人年金保険です。

毎月一定額の保険料から積み立てたお金は、あらかじめ定めた年齢になった時点から年金形式で受け取ることができます。

将来の老後生活に向けた資産運用の手段は様々ですが、個人年金保険は保険料控除によって、貯蓄をしながら節税の恩恵を受けることができます。毎月の保険料が強制力を持つため、貯蓄が苦手でなかなか進まない人にもおすすめです。

「個人年金保険に入るな」ネットで見かけるが本当?加入のメリットとデメリット

「老後2,000万円問題」が話題になるなど、多くの人が老後の資金準備の必要性を感じており、そのために個人年金保険を活用する人もたくさんいます。 個人年金保険とは任意で加入する保険の1つで、60歳や65 ...

続きを見る

5.収入保障保険を活用し、自分に合った保険を備えよう!

収入保障保険は、毎月一定額の保険金が年金形式で支払われる、定期型の死亡保険の1つです。

安い保険料で手厚い保障を備えることができる点が大きなメリットといえます。

保険選びにおいて特に重視すべきポイントは、「今の自分に合った保障内容となっているか?」です。収入保障保険は合理的な保険ではあるものの、ライフステージによって向き・不向きがあり、すべての人に必要な保険とはいいきれません。

収入保障保険を万が一の事態に備えるための1つの手段として、他の保険とも上手く組み合わせながら、自分に合った保険を備えるようにしましょう。

保険の見直しは専門家に相談しよう!

保険相談 利用のポイント

  • 加入中の保険証券やねんきん定期便等を持参し、具体的で実のある相談にしましょう。
  • セカンドオピニオン的に、できるだけ複数社で相談するようにしましょう。
  • できるだけ面談当日に契約せず、持ち帰って家族にも相談してみましょう。

↓ ↓ ↓ 当サイトがおすすめする保険相談窓口はこちら ↓ ↓ ↓

リクルートの保険チャンネル

保険チャンネルは、大手企業リクルートが運営する保険相談サービスです。リクルートIDがあれば、面倒な入力もなく、即相談予約が可能です。 希望した場所までFP等の専門家が訪問して相談できます。また、オンラインでの相談も可能です。 保険の相談に限らず、住宅ローンの借り換えや、資産運用、相続など、様々なお金の悩みに対して、各分野に精通している専門家から無料でアドバイスが受けられる点が特徴です。また、各種セミナーなども無料で受講することができ、相談前に予備知識を付けることも可能です。

保険チャンネル 公式サイト

保険見直しラボ

保険見直しラボは、全国70拠点を超える、訪問型相談サービスでは国内最大級の保険相談ショップです。 平均業界歴12.1年のベテランの相談員を豊富に抱えている点が特徴です。また、相談員を評価するイエローカード制を導入しているため、無理な勧誘の心配はありません。 保険相談は、専門家がご希望の場所へ訪問、もしくはオンラインで対応可能です。

保険見直しラボ 公式サイト

マネードクター

マネードクターは、豊富な相談実績を持つ、大手保険相談サービスです。1,200名を超えるファイナンシャル・プランナー資格者を有し、保険相談だけでなくお金全般の幅広い相談に対応することができます。 また、実店舗が全国で約100店舗あるため、訪問して相談することも可能です。もちろん、相談はオンラインでも、自宅やカフェなどご指定の場所でも可能です。

マネードクター 公式サイト

  最短で年収アップを目指すなら転職! おすすめ転職AG 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、約45,000件もの求人案件数があり、管理職クラス、外資系企業などハイクラスの転職支援に強みがあります。あらゆる業界・職種の求人を保有しているので、専門職や管理職の方であっても、1人1人に合った求人のご案内が可能です。 1200名ものコンサルタントが直接、企業・求職者の双方とコンタクトをとる体制となっており、社風や部・チームの雰囲気など気になる情報もお伝えすることが可能です。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。  

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、転職で収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて登録すると良いでしょう。  

-その他保険

© 2022 年金相談.jp