コラム

銀行や信用金庫が年金相談をする目的とは?年金事務所での相談との違い

郵便局や地方信用金庫を中心に、銀行などの金融機関では年金相談を行っていますが、郵便局や銀行が年金相談をする目的は何なのでしょうか?年金事務所での年金相談の違いはどんな点でしょうか?

今回は、銀行が年金相談をする目的について簡単に説明します。

1.銀行の年金相談の概要

まずは、銀行や信用金庫に行っている年金相談について説明します。

年金相談の対象としては、これから年金を受け取る人50代~60代の世代が中心で、実施頻度は毎月1回程度が多いようです。

相談員として、社会保険労務士などの年金の専門家を招くケースも多く、相談者の状況に寄り添った、専門的なアドバイスを受けることが可能です。

もちろん相談手数料などはかかりませんので年金をこれから受給する方にとっては大きなメリットになるでしょう。

実りある相談にするために、ねんきん定期便などの加入歴のわかる書類をあらかじめ用意しておくとスムーズです。

2.銀行が年金相談をする目的は?

2-1.預金者のベネフィットの一環として

一つは、預金者へのサービスの一環として、情報提供という目的があります。

無料相談ですので、営利企業である銀行がそのようなことをするか?と勘繰られるかもしれませんが、相談を提供することで、副次的に銀行への満足度が上がる効果があります。

満足度が上がれば信頼度も上がるため、銀行にメリットがある施策と言えるでしょう。

2-2.年金の受け取り銀行にしてもらうため

もう一つの目的は、ズバリ公的年金の受け取りを自行にしてもらうためです。

公的年金や給料などの受け取り口座に指定すると、必然的にその口座はメイン口座になります。

生活のメインである公的年金や給料などを受け取る口座に指定するとメインカードとして使ってもらうメリットがあるのです。

当然、メイン口座として使ってもらえると、クレジットカードの利用や投資信託などの資産運用などもメイン銀行で行いたいと思う人が多いので、公的年金の受取口座を指定してもらうのは大きなメリットが銀行にはあります。

2-3.保険や投資信託などを併売するため

年金相談を受けると、銀行が取り扱っている保険商品等のセールスを受ける可能性があります。

年金相談の過程で、現在の収入や預金額など、資産に関する具体的な話をする必要があります。

銀行からすると、現状の資産が把握できますので、年金相談は保険や投資信託の提案が非常にし易い状況と言えます。

もちろんご自身が納得のいく良い商品であれば良いですが、一般的に銀行は手数料の高い商品を売りたいので勧誘された商品が本当にご自身に合っているかどうか判りません。

セールスを受ける場合は、できるだけ比較検討するようにしたいものです。

2-4.クレジットカードやキャンペーン商品のセールスをするため

保険だけでなく、クレジットカードや、自行の決済商品のセールスを受ける可能性もあります。もちろんおすすめされるサービスのスペックが高ければ良いですが、そうとはいい切れない場合があります。

このように、自身の資産状況や相談をした手前、セールスが断りづらくなるのも、銀行が年金相談をする理由でもあるかもしれません。

3.銀行の年金相談のメリット

年金相談自体は、年金事務所でも無料で相談することができます。

参考

年金事務所は、公的な役所ですので、専用の端末を使って情報にアクセスできますので、自身の年金の加入履歴、見込み額など、具体的な相談が可能です。

年金事務所での相談方法や予約に関する記事はこちらをご覧ください。

年金相談 年金事務所と年金相談センターで違いはある?予約方法や必要書類を社労士が解説

人生100年時代と言われるようになり、老後の年金について不安や疑問を感じている人も多いでしょう。そんな時に頼りになるのが、年金事務所の年金相談です。 今回の記事では、年金事務所での年金相談の活用方法に ...

続きを見る

一方、銀行や郵便局での年金相談は、どうしても「年金の見込み額」となり、正確な計算は難しい場合が多いです。

それでも、金融機関での年金相談を受けるメリットがあります。それは、以下の点です。

親身になって相談に乗ってくれる

役所である年金事務所の相談員が、どこまで親身になって相談に乗ってくれるか疑問だ、という方もいらっしゃいます。自分にメリットのある提案が受けられるのか不安という声もあります。

役所である年金事務所と比べて、銀行は民間業者です。

民間業者であることから、前述のとおりの目的があるのは当然で、裏を返せばそれだけ親身になって相談に乗ってくれるということが言えるかもしれません。

また、銀行での年金相談には、社会保険労務士等の専門家や、FP、他にも年金アドバイザーなど民間資格を保有するベテラン相談員が多いのが特徴です。

銀行も相談員に報酬を支払うわけですが、当然、評判の良い相談員でないと銀行の評判に関わりますので、親身に相談に乗ってくれる相談員が多いというのもメリットの一つです。

相談員の質という点では、銀行の年金相談にメリットがあるかもしれません。

4.銀行の年金相談はセカンドオピニオンとして相談してみよう!

年金制度は法律で決まったものですので、誰に相談してももらえる年金の見込みは大差ないかと思います。

重要!

しかし、もらえる年金を踏まえたうえで、どのような提案をするかは、人それぞれです。

自分が気づかなかった、申請できる年金もあるかもしれません。

そのため、年金相談は複数名に相談してみることが重要です。

そのうえで、自分の価値観に合致する資産運用を選ぶことが重要です。

保険の見直しは専門家に相談しよう!

保険相談 利用のポイント

  • 加入中の保険証券やねんきん定期便等を持参し、具体的で実のある相談にしましょう。
  • セカンドオピニオン的に、できるだけ複数社で相談するようにしましょう。
  • できるだけ面談当日に契約せず、持ち帰って家族にも相談してみましょう。

↓ ↓ ↓ 当サイトがおすすめする保険相談窓口はこちら ↓ ↓ ↓

リクルートの保険チャンネル

保険チャンネルは、大手企業リクルートが運営する保険相談サービスです。リクルートIDがあれば、面倒な入力もなく、即相談予約が可能です。 希望した場所までFP等の専門家が訪問して相談できます。また、オンラインでの相談も可能です。 保険の相談に限らず、住宅ローンの借り換えや、資産運用、相続など、様々なお金の悩みに対して、各分野に精通している専門家から無料でアドバイスが受けられる点が特徴です。また、各種セミナーなども無料で受講することができ、相談前に予備知識を付けることも可能です。

保険チャンネル 公式サイト

保険見直しラボ

保険見直しラボは、全国70拠点を超える、訪問型相談サービスでは国内最大級の保険相談ショップです。 平均業界歴12.1年のベテランの相談員を豊富に抱えている点が特徴です。また、相談員を評価するイエローカード制を導入しているため、無理な勧誘の心配はありません。 保険相談は、専門家がご希望の場所へ訪問、もしくはオンラインで対応可能です。

保険見直しラボ 公式サイト

マネードクター

マネードクターは、豊富な相談実績を持つ、大手保険相談サービスです。1,200名を超えるファイナンシャル・プランナー資格者を有し、保険相談だけでなくお金全般の幅広い相談に対応することができます。 また、実店舗が全国で約100店舗あるため、訪問して相談することも可能です。もちろん、相談はオンラインでも、自宅やカフェなどご指定の場所でも可能です。

マネードクター 公式サイト

  最短で年収アップを目指すなら転職! おすすめ転職AG 3選

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、約45,000件もの求人案件数があり、管理職クラス、外資系企業などハイクラスの転職支援に強みがあります。あらゆる業界・職種の求人を保有しているので、専門職や管理職の方であっても、1人1人に合った求人のご案内が可能です。 1200名ものコンサルタントが直接、企業・求職者の双方とコンタクトをとる体制となっており、社風や部・チームの雰囲気など気になる情報もお伝えすることが可能です。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、国内最大規模を誇る転職エージェントです。リクルートエージェントの最大の強みは、他の転職エージェントに比べて案件数が多いことです。キャリアアドバイザーのスキルにも定評があり、経験をわかりやすく伝える履歴書作成サポートや、面接対策を行ってくれます。  

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス層向けの求人情報に特化した転職エージェントです。中には年収2,000万円超えの案件もあり、転職で収入アップを期待している人に向きます。ビズリーチの転職成功者の8割はスカウトです。サイトに登録しておけばヘッドハンティングされる可能性があり、見たこともないレアな案件に出会うことも珍しくありません。能動的に応募するJACリクルートメントなどと合わせて登録すると良いでしょう。  

-コラム

© 2022 年金相談.jp