投資・資産運用

テンバガー銘柄の特徴分析とスクリーニングのコツ

株式投資をされている方であれば夢みるのが、「テンバガー」です。

よく「テンバーガー」と間違って呼ばれますが、正しくはTen Bagger(テンバガー)です。

ここではテンバガー銘柄を探すコツについてお話します。

1.テンバガーとは?

「テンバガー」とは、株価が急上昇し10倍以上の価値になった株の銘柄で、特に短期間でこれを実現したことを指します。

元々の語源はこちら

「元々は野球用語で、1試合で10塁打と驚異的な数字をあげることを意味し、それが転じて、株式用語では、株価が10倍になるくらい爆発的に上昇する銘柄(または上昇しそうな銘柄)のことを意味します。」

https://www.ifinance.ne.jp/glossary/stock/sto247.html

auカブコム証券のカブヨム(https://kabu.com/kabuyomu/money/444.html )によれば、2015年12月30日終値と2020年12月30日終値を比較し、10倍以上となったテンバガー銘柄は17銘柄あったようです。

日本の株式市場には、およそ3800銘柄が上場していますので、0.5%にも満たなかったことになります。

そんなテンバガー銘柄の特徴はあるのでしょうか?

2.テンバガー銘柄の特徴

これまでのテンバガー銘柄をまとめると下記の特徴があります。

テンバガー銘柄の特徴

①時価総額が300億円未満 

②売上高が20%以上伸びている

③営業利益率10%以上 

過去の事例からもわかるように、テンバガーとなった銘柄は、上昇を開始する前の時価総額は小さい銘柄だったことが挙げられます。

すでに大企業となっているトヨタ自動車や、NTTがここから更に10倍になることは想定しにくいでしょう。そこで成長余地のある小型株であることが重視されるのです。

なお時価総額は、会社が発行した株式の総数と現在の株価を掛けることで算出できます。

ココがポイント

過去にテンバガーとなった銘柄の傾向から、時価総額が300億円未満を狙うのが良さそうです。

市場区分では、マザーズ市場やジャスダック市場からも、多くのテンバガー銘柄が誕生しています。

特に売上高が20%以上伸びている、営業利益率10%以上 、このような企業を探しましょう。

これまでテンバガーを達成した銘柄は、株価の上昇にともなって、著しく業績が伸びている企業が散見されます。

3.テンバガーの候補銘柄をスクリーニングできるサイトは?

株式投資におけるスクリーニングとは、自身が設定した条件を入力することで、その条件に該当する銘柄を選定することです。

日本の株式市場で言えば、3000銘柄以上もの会社が上場しています。

膨大な数の上場企業を、1社ずつ企業分析するには相当な時間が必要となってしまいます。

そこでスクリーニングを活用し、銘柄を絞り込むのです。

株式投資のスクリーニングができるサイトはいくつかあります。

3-1.バフェット・コード(https://www.buffett-code.com/)

このサイトでは、魅力でスクリーニングができる上、ログインすることなく利用できるので重宝します。また、日本株だけでなく、米国株もスクリーニングの対象なので、かなり充実したサイトといえるでしょう。

3-2.トレーダーズウェブ(https://www.traders.co.jp)

個人投資家に支持されており、業界随一のコンテンツ充実度を誇ります。

スクリーニングだけでなく、株式投資情報サイトとして幅広く情報を扱っています。

無料会員でも、登録することなくスクリーニング機能を利用することができます。

その他、大手のネット証券ではWebページでスクリーニングができたり、スクリーニング機能を備えたツールを提供していたりします。

SBI証券、楽天証券、松井証券、auカブコム証券、マネックス証券などでは、口座開設しログインすることで、無料でスクリーニング機能を利用することができます。

4.米国株のほうがテンバガー銘柄は多い?

参考

日本株と米国株で、2009年12月30日終値と2019年12月30日終値を比較し、10倍以上となったテンバガー銘柄数を比較したところ、日本株では17銘柄であり、米国株では16銘柄ありました。

この期間での日本株の上昇率上位は、MonotaRO(モノタロウ)で株価は96倍になりました。

2位がJAC Recruitmentの88倍、3位がディップで55倍となりました。

米国株での上昇率の上位は、ドミノ・ピザが首位で37倍、2位にはネットフリックスが36倍でランクインしています。

ニューヨーク証券取引所とナスダック市場の上場企業数は、それぞれおよそ1900社、3300社ですので、テンバガーを達成した確率では日本の方が高かったといえます。

ただし、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンといった米国の企業は、多くの人にその企業の素晴らしさが認知され、そこから投資をはじめても10倍になりました。

この点、日本のテンバガー銘柄よりも狙いやすかったといえます。

テンバガー銘柄を当てるには、まだ会社の規模が小さいうちに買う必要があります

小型株の情報が豊富なので、日本株のほうが有利でしょう。

株の売買を行うのに必要となる委託手数料も、通常日本株の方が安価ですので有利です。

 5.テンバガーは狙って取れるのか?

スクリーニングだけでなく重要となってくるのが、その会社は「業界や人々の行動に変容をもたらすことができるか」です。

米国株のアマゾンやグーグル、アップルなど、日本企業でいえばファーストリテイリング(ユニクロ)などは、今や世界中で利用されています。

しかし2000年頃は、もちろん今のような世界を代表するような企業ではありませんでした。

つまり様々な企業の決算やビジネスモデルを分析し、これからどんどん伸びていく原石を見つける必要があります。

そして先述したように、2015年末と2020年末の比較では、テンバガー銘柄は0.5%にも満たなかったのです。狙ってテンバガー銘柄を当てることは不可能でしょう。ただし、きちんと企業分析をし、5~10銘柄に分散投資すれば確率はその分高まると言えます。

テンバガーとなる銘柄を見つけ、10倍以上になるまで保有し続けることは株式投資の楽しみの一つのでしょう。

ただし投資家によっては、少し話題になって来た株価でポジションを取り、2倍〜3倍になる銘柄を見つける方が得意な方もいらっしゃいます。

また会社の業績とは関係なく、市場全体の下落に巻き込まれることもあるでしょう。

重要

テンバガーを取ることだけを意識してしまうのは避け、自分に合った投資スタイルを確立しましょう。

株式投資では、常に冷静な判断が求められるのです。

保険の見直しは専門家に相談しよう!

保険相談 利用のポイント

  • 加入中の保険証券やねんきん定期便等を持参し、具体的で実のある相談にしましょう。
  • セカンドオピニオン的に、できるだけ複数社で相談するようにしましょう。
  • できるだけ面談当日に契約せず、持ち帰って家族にも相談してみましょう。

↓ ↓ ↓ 当サイトがおすすめする保険相談窓口はこちら ↓ ↓ ↓

リクルートの保険チャンネル

保険チャンネルは、大手企業リクルートが運営する保険相談サービスです。リクルートIDがあれば、面倒な入力もなく、即相談予約が可能です。 希望した場所までFP等の専門家が訪問して相談できます。また、オンラインでの相談も可能です。 保険の相談に限らず、住宅ローンの借り換えや、資産運用、相続など、様々なお金の悩みに対して、各分野に精通している専門家から無料でアドバイスが受けられる点が特徴です。また、各種セミナーなども無料で受講することができ、相談前に予備知識を付けることも可能です。

保険チャンネル 公式サイト

保険見直しラボ

保険見直しラボは、全国70拠点を超える、訪問型相談サービスでは国内最大級の保険相談ショップです。 平均業界歴12.1年のベテランの相談員を豊富に抱えている点が特徴です。また、相談員を評価するイエローカード制を導入しているため、無理な勧誘の心配はありません。 保険相談は、専門家がご希望の場所へ訪問、もしくはオンラインで対応可能です。

保険見直しラボ 公式サイト

マネードクター

マネードクターは、豊富な相談実績を持つ、大手保険相談サービスです。1,200名を超えるファイナンシャル・プランナー資格者を有し、保険相談だけでなくお金全般の幅広い相談に対応することができます。 また、実店舗が全国で約100店舗あるため、訪問して相談することも可能です。もちろん、相談はオンラインでも、自宅やカフェなどご指定の場所でも可能です。

マネードクター 公式サイト

 

-投資・資産運用

© 2022 年金相談.jp

保険の見直しはリクルート運営の保険チャンネルで専門家に相談しよう
まずは無料相談
保険の見直しならリクルートの保険チャンネル
まずは無料相談